日本語 / English

Service 月刊誌・MOOK

月刊食堂
月刊食堂
月刊食堂
月刊食堂

毎月20日発売 / A4変型判 / 約150ページ
発行部数82,000部 / 本体1,400円+税
創刊1961年(昭和36年)

フードビジネスの世界を第一線で追い続ける、外食産業のための経営誌 フードビジネスの世界を第一線で追い続ける、
外食産業のための経営誌

1961年8月創刊、外食産業専門のビジネス誌として日本最古の歴史を誇るのが「月刊食堂」です。食堂業がまだ“水商売”と呼ばれていた時代に「業界の近代化に貢献する」ことを旗印に創刊し、ビジネスに役立つ最新の経営情報を“外食記者”の視点で収集・発信し続けてきました。外食業界とともに歩むという理念が出発点である月刊食堂は、まさに柴田書店の看板雑誌であり、名刺代わりといえる存在です。

55年を超える歴史の中で、外食産業史における重要な転換点や、多くの歴史的瞬間にも立ち会ってきました。社会現象にもなった「マクドナルド」の日本上陸(1971年)をはじめ、いまでは国民生活に欠かせないインフラである「ファミリーレストラン」「回転ずし」「牛丼チェーン」「居酒屋チェーン」の登場とその隆盛。また近年では「サードウエーブコーヒー」「肉ブーム」「外食業のインバウンド対策」といった時世を反映した動向まで――月刊食堂の特集企画は、そのまま日本の外食産業史の歩みを示すものでもあります。新しい外食トレンドやニューフォーマットが誕生するたび、あるいは飲食店を経営するうえで新たな課題やテーマが持ち上がったときに、“プロの視点”で的確にレポートする。この姿勢はこれからも変わることなく守り続けていきます。

「頭をやわらかくして」飲食ビジネスの“本質”を読み解く 「頭をやわらかくして」
飲食ビジネスの“本質”を読み解く

  • 内容キャプション
  • 内容キャプション

“キーワード”と“切り口”で
見せる特集企画

「定番商品を高付加価値化するアイデア」「売れるメニューの共通項」「ヒットコンセプトの要件」などを、トレンドを体現するキーワードと独自の切り口で提示します。従来型の常識にとらわれず「いま、何が売れているのか」に迫ります。

  • 内容キャプション

    ひと目でわかる「収益の貢献度」

    注目していただきたいのはメニューそのものではなく、各商品がもたらす収益の貢献度。原価はもちろん、作業効率、オペレーションの簡易さなどにも言及しています。

  • 内容キャプション

    詳細な営業データを掲載

    坪月商、フードプライスレンジ、客単価、アルコール売上げ比率、平均滞席時間、1日平均客数などの営業データを掲載し、さまざまな角度から収益性を分析しています。

  • 大局的な「戦略」に迫る
    トップインタビュー

    出店計画やメニュー開発といった中長期的な成長戦略とともに、社会的貢献、経営の継続性などの骨太なインタビュー記事をお届けしています。

  • 内容キャプション
  • 内容キャプション
  • 大局的な「戦略」に迫る
    トップインタビュー

    出店計画やメニュー開発といった中長期的な成長戦略とともに、社会的貢献、経営の継続性などの骨太なインタビュー記事をお届けしています。

ベンチャー企業から大手企業まで、幅広い企業が購読。その半数以上が決済者 ベンチャー企業から大手企業まで、幅広い企業が購読。その半数以上が決済者 ベンチャー企業から大手企業まで、幅広い企業が購読。その半数以上が決済者

職種・役職別

職種・役職別

業種別

業種別

販売地域

販売地域